ニュースリリース

AGNONA(アニオナ)が、ショートフィルム「CLOSING IN」を発表

2017年1月31日

ファッションブランドのPRを手掛けるA.KA Tokyo(エイケイエイ トウキョウ)は、AGNONA(アニオナ)の最新ニュースをご案内いたします。


1953年創業以来カシミアのクオリティと職人によるハンドメイドにこだわり、ハイテクとクラフトマンシップが融合した本物の美しいスタイルを提供し続けているAGNONA(アニオナ)。アニオナは、この2017年春夏シーズン再びショートフィルムを製作し、最新コレクションが美しい映像となって発表されました。


AGNONA ショートフィルム「CLOSING IN」

https://www.youtube.com/embed/06xRcXw6UU4

directed by FERDINANDO CITO FILOMARINO
starring MALGOSIA BELA
creative director SIMON HOLLOWAY
written by FERDINANDO CITO FILOMARINO
dialogue by CARLO SALSA
man STANISLAS MERHAR


■AGNONAの白鳥
アニオナは、新しい文化的取組みを2017年春夏シーズンに発表します。「Closing in」と題されたショートフィルムは、Luchino Visconti(ルキノ・ヴィスコンティ)の曾甥孫にあたるFerdinando Cito Filomarino(フェルディナンド・シト・フィロマリーノ)を監督に、モデルのMalgosia Bela(マルゴシア・ベラ)が主演を務め、相手役のStanislas Merharとともに、洗練されたアニオナ・ウーマンを見事に具現化しています。

ブランドのクリエイティブ・ディレクターであるSimon Holloway(サイモン・ホロウェイ)は再びこの監督とタッグを組み、映画からインスピレーションを得たアニオナコレクションの物語を紡ぐことを選択しました。前シーズンのフィルム「Await」は、Luchino Visconti監督作「Boccaccio ‘70」(ボッカチオ‘70)を着想源としましたが、この2017年春夏シーズンでは、Brian De Palma(ブライアン・デ・パルマ)監督作「殺しのドレス」(1980年)のシークエンス、美術館での出会いのシーンを置き換えた「Closing in」を製作しました。
「映画とファッションを融合させ、映画という言語を着想源にテーマを掘り起し、人生におけるファッションはいかなるものかということを表現するというアイディアからスタートしました。アニオナのコレクションを単純に描写するということではなく、活き活きとした雰囲気と物語を与えることを目的としています。」Ferdinando Cito Filomarino談

ミラノからほど近いVareseにある特別な現代アートミュージアムであるVilla Panza (ヴィラ パンツァ)の上品な内装と素晴らしい芸術的遺産に囲まれて、一人の女と一人の男が、目配せと無言のコミュニケーションが交錯する中でそれぞれの運命に翻弄されていきます。「Closing in」は、希少な絵画と素晴らしい現代彫刻に囲まれた極めて洗練された雰囲気の中で繰り広げられる、謎と誘惑に満ちた官能的でサスペンスフルな追跡劇です。

主演Malgosia Belaによって、Truman Capote(トルーマン・カポーティ)が愛した白鳥たちーエレガントで教養に満ちた、欠点がないことが唯一の欠点であるような比類なき完璧さを纏った社交界の花たち-が現代に甦ります。
「Malgosia Belaは、非常に魅力的で力強い、そして柔らかな女性像を体現しています。うっとりさせるようなオーラをもち、クラシカルな美しさとそこはかとなく漂う強さ、それは今日のアニオナの特色を反映しています。20世紀後半のイタリア映画とアメリカ映画の影響を受けて製作され。前作はLuchino Visconti作におけるRomy Schneider(ロミー・シュナイダー)を, そして今作では「殺しのドレス」における非の打ちどころのない女優Angie Dickison(アンジー・ディクソン)に、参考をあたりました。素晴らしい作品とアイコン像をスクリーンに送り出したこの美しい女性たち。現代的かつ洗練された方法によって、新しい解釈を生み出すことが出来たらと思っています。」Simon Holloway 談

ロマンティックで、物憂げで、官能的。アニオナの2017年春夏コレクションのテーマであり、これらは、Margosia が演じる人物像と身に纏うコレクションによって明確に表現されています。アイボリーとピンクの気だるいムードあふれるフローラルプリントを用いた誘惑するような深いカットのシルクデシンのドレス、ボディを優しく撫でる美しい色調のしなやかなニットドレス、そしてCentury double-face Cashmere (センチュリーダブルフェイスカシミア)を使用したベージュのコートがその極めて軽い素材によってボディを包み込みます。


AGNONA(アニオナ)に関するお問い合わせ
三喜商事 TEL.03-3238-1311

本件取材に関するお問い合わせ
A.KA Tokyo TEL.03-5468-3388


A.KA TOKYO

求人告知

PR & マーケティング スタッフ 募集

ファッション業界におけるPR経験者、英語ビジネスレベルの方歓迎。 詳細は、下記メールまで御連絡ください。

info@akatokyo.com

  • Japanese
  • English
To the top