ニュースリリース

POMELLATO(ポメラート)が新作コレクションと広告キャンペーンを発表

2017年2月27日

ファッションブランドのPRを手がけるA.KA Tokyo(エイケイエイ トウキョウ)は、イタリア・ミラノのファッションファインジュエラー「POMELLATO(ポメラート)」の最新ニュースをご案内申し上げます。

■POMELLATO(ポメラート)の最新情報はこちらから
http://www.pomellato.com


ポメラートから、2017年2月23日にミラノのテアトロ・アルセナーレにて、型にはまらない自由な精神、そして女性たちへの尽きることのない称賛の証として、新作コレクションRitratto(リトラット)、および最新広告キャンペーンが発表されました。フォトグラファー、ピーター・リンドバーグがこのキャンペーンのために撮り下ろした力強いモノクロのポートレートが採用されています。

テアトロ・アルセナーレは13世紀の劇場であり、ミラノ屈指の神聖な場所として、また芸術の舞台としてよく知られています。ポメラートと同様に、この劇場もまた、ミラノという都市の文化、歴史、活気、そして控えめなエレガンスと深く結びついています。今回のキャンペーンの主役は、現実を生きるリアルな女性たち。ポメラートCEOのサビーナ・ベッリはそうした女性たちと共に、世界各国で活躍するエディターや、それぞれの地で大きく影響を持つ人々を招き、ダイナミックなイベントを開催しました。

会場に用意された広告ビジュアル、ジュエリー、そして宙に浮かぶフレームを用いた印象的なインスタレーションなどの様々な要素が、ポメラートが女性たちに寄せてきた関心の高さを物語っていました。1967年の創立以来、ポメラートは先入観や固定観念にとらわれることなく、女性たちの多様な美しさを賛美し、自意識と個性の尊重を絶えず促してきたのです。

1960~1970年代、ポメラートはすでに先進的な洞察力を発揮し、女性たちの解放に喝采を送りました。そして、権力や富の象徴という従来のジュエリーとは異なる、まったく新しいデザインコードを生み出したのです。こうして、純粋な喜びを求め、自分のためのジュエリーを手に入れたいと望む女性たちに向けた作品が誕生しました。

ポメラートが女性たちに捧げる情熱、そして時代に即したセンスは、当時も今も変わっていません。誇りを持って女性たちを支援するという姿勢は、今回の新しい広告キャンペーンにも明確に反映されています。こうした主題のもと、ピーター・リンドバーグはモデルとなった女性たちの飾らない美しさを見事に捉えました。

洗練されたリアリズムを感じさせる作品で有名なリンドバーグは、ヘルムート・ニュートン、ミッシェル・コント、ホルスト・P・ホルスト、ジャン・パオロ・バルビエリなど、ポメラートのためにアヴァンギャルドな写真を撮影した巨匠たちと肩を並べています。

この新キャンペーンの発表では、宙に浮かぶような形で写真をディスプレイしたインスタレーションを披露。ポートレートやバックステージの様子、そしてジュエリーなどの多彩な被写体を捉えた100点以上もの作品が、モダンなデザインからバロック調まで様々なスタイルのフレームに収められました。同じコンセプトに基づき、カラフルなフレームをいくつも配置した祭壇のようなショーケースが設置され、ポメラートの創立50周年を記念する新作コレクション、リトラットの貴重な価値をアピールしました。

伝統に根ざしながらどこまでも現代的なこのコレクションは、ポートレートカットにオマージュを捧げています。古代インドから伝わるこの技術は、サイズの大きな宝石にステップカットを施し、その個性を際立たせます。特別な技術と斬新な創造性が出会い、メゾンが大切にするシンプルなスタイルはそのままに、いかにもポメラートらしい色彩とボリューム感が実現しています。

イベントに参加した人々は、女性を支援するパワフルなメッセージや名言を記したボードを持って記念撮影を行ないました。力強く、情熱的に、そして誇り高く。#PomellatoForWomenというハッシュタグに、その願いが集約されています。

ポメラートはこれからも、先駆的なデザインビジョンとコードを活かし、社会と文化を取り入れながら、本物の価値と信頼性を備え、伝統を重んじながらも時代に即したジュエリーを創造していきます。


■本件に関するお問い合わせ
株式会社 A.KA Tokyo
TEL.03-5468-3388
MAIL. info@akatokyo.com

■POMELLATO(ポメラート)の商品に関するお問い合わせ
ポメラート・ジャパン 
TEL.03-6228-7056

A.KA TOKYO

求人告知

PR & マーケティング スタッフ 募集

ファッション業界におけるPR経験者、英語ビジネスレベルの方歓迎。 詳細は、下記メールまで御連絡ください。

info@akatokyo.com

  • Japanese
  • English
To the top